初心者でも始めやすい!不動産(マンション)投資をするならおすすめしたい東京のセミナーを紹介しています。

セミナーで確認しておきたいトラブル事例とは?

    


マンション投資セミナーでは、トラブル事例についても確認しておきたいところです。どんなトラブル事例があるのかがわかっていれば、事前に対策をとっておくこともできます。心の準備をしておくという意味でも、トラブル事例を数多く知っておくことは大切です。今回はマンション投資で遭遇する可能性のあるトラブルの例をいくつか紹介します。

家賃の支払いに関するトラブル事例

家賃の支払いに関する問題は、報告されることの多いトラブルです。入居者が家賃をなかなか支払ってくれず何度も請求する必要があると、手間がかかるだけでなくストレスも溜まります。ひどい場合、家賃を延滞したままで夜逃げをしたというトラブル事例があるほどです。

家賃収入がなくなれば、その分マンション投資の利回りも悪くなってしまいます。家賃滞納は、入居者を決める際に慎重に判断することで多少リスクを下げることはできます。

しかし、すべてのトラブルを防げるというわけではありません。問題がないように見えた人でも、後から問題を起こす可能性は常にあります。

家賃の支払いに関するトラブルを避けたいのであれば、管理会社に任せるという方法が堅実です。トラブルの発生そのものを防げるわけではありませんが家賃の回収をはじめとする業務を依頼できるため、問題が起きた場合でも対応を任せることができます。

マンションの入居率に関するトラブル事例

マンション投資で安定した収入を得るには、空き部屋を減らすことが重要になります。そのため、入居率を重視して物件を探す方も多いはずです。しかし、入居率という数字だけに注目していると思わぬトラブルに巻き込まれることがあります。入居率が高い水準にあるマンションであっても、購入後のタイミングで空き部屋が急増するという事態は十分に考えられるからです。

たとえば、付近にあった工場が閉鎖したためにマンションの需要が一気に減ったというトラブル事例が報告されています。人口の多い東京のエリアではあまり馴染みのないトラブルかもしれませんが、地方のマンションに投資するつもりなら頭に入れておいた方がよいでしょう。

入居率をチェックするだけでなく、現地調査で周囲の状況を確認したり地域ごとの情報を集めたりといった行動が必要です。故意に情報を隠す悪質な業者もいるので気を付けましょう。

リフォームに関するトラブル事例

物件を購入する際は、リフォームに関するトラブルにも気を付けなければなりません。購入した後にリフォームが必要な箇所が多数見つかり、想定外の修繕費がかかったという事例を目にする機会があります。

築年数の古い中古マンションへ投資する場合、特に注意が必要です。一見問題がなさそうに思えるマンションであっても、細かくチェックしてみると老朽化が進んでいることもあります。外壁のひび割れなど目立つダメージがなくても、配管内部の錆など目に見えにくいところに問題は潜んでいるものです。

外観や部屋の写真だけで判断するのではなく、自分の目でさまざまな箇所を確かめることが大切になります。また、リフォーム工事がおこなわれた時期が近い物件を選べば、修繕費がかかる可能性を低くすることが可能です。ただし、この場合もリフォーム工事の品質が低いと購入後にトラブルが起きるリスクはあります。

事故物件に関するトラブル事例

頻繁に遭遇するトラブルではありませんが、事故物件に関する事例も把握しておきましょう。過去に殺人事件や自殺があったマンションは人気が低く、家賃を安く設定しなければなりません。長期間空き部屋の状態が続くということも考えられます。

通常、そのような事故物件であることは告知する義務があるため、買ってしまう心配は無用です。しかし、アルバイトなどを雇い一時的にマンションに住ませて、告知義務を回避する手法をとる悪質な業者もいるので油断してはいけません。

事故物件についての情報を取り扱っているウェブサイトを利用したり、部屋に不自然なリフォームの痕跡がないかどうかチェックしたりといった対策を実践しましょう。理由なくマンション名が変更されている場合も、事故物件の可能性を疑った方が無難です。

具体的なトラブル事例をもっと知りたいならセミナーへ

今回紹介した以外にもさまざまなトラブル事例があります。もっと色々な事例を知りたいのであれば、マンション投資セミナーへ足を運ぶことがおすすめです。マンション投資セミナーでは実際の現場で起きた事例を知ることもできます。トラブルに関わった人の名前などはイニシャル表記になっているものの、年齢や家賃などの情報はそのままである場合も多いので、より身近な問題として感じられるはずです。