初心者でも始めやすい!不動産(マンション)投資をするならおすすめしたい東京のセミナーを紹介しています。

セミナーは講師の腕次第!講師の質を見抜くポイントとは?

    

マンション投資をする場合には、マンション投資セミナーに参加することでいろいろと知識を身につけることが大切です。ただし、どのセミナーが良いセミナーなのかを判断することも重要なポイントといえるでしょう。

目的に合った講師で判断してみる

セミナー講師は、基本的に知識、そして販売の二つのタイプに分けることができます。不動産に関していえば建築関連、相続関連、管理するためのノウハウなど中心として話してくれるタイプ、販売を目的としたおすすめの物件関連、利回りや物件についての魅力などを話してくれるタイプです。

自分が、どのような目的で不動産に対して興味を持ったのかによっては、どちらのタイプの講師を選択することが最も有益な知識を得られるかで判断してみましょう。目的に合わないことを聞いても、自分が知りたいことが知識として得られなければあまり意味がありません。

そのため、タイプという点を重視して、自分の目的を明確にしてその目的に合ったタイプを選ぶということが重要なポイントといえます。質に関しても、自分の目的に合っていなければ自分が欲しいと思える知識を得ることができません。そのような意味でも、まずは目的に合ったタイプを選ぶことが大切だといえます。

リスクに関してもきちんと説明してくれる

講師の質を見極めるには、投資に関してのリスクについてもきちんと説明してくれるかどうかで判断してみるのもいいでしょう。どのような物事に対してもいえることですが、メリットばかりを話してくる人はあまり信用がおけません

確かに、その気にさせてくれるという意味ではメリットを重視した話を展開してくれるというのは悪いことではありません。しかし、何をするにしてもメリットだけでなくリスクとなるデメリットもしっかりと説明してくれる人のほうが信頼できる傾向があります。

ましてや、不動産などに関する投資となればそれなりにまとまった金額が必要になることにもなるでしょう。その状況でメリットばかりを前面に押し出した話を展開している場合だと、少し不信感を抱いてしまうこともあります。

メリットだけでなく、リスクを含めたデメリットもきちんとセミナーで教えてくれるかどうかセミナーに参加した際にはしっかりと話を聞いて判断することが必要です。その他にも、購入を急がせるような講師には注意しましょう。セミナーは知識を与えてくれるだけでなく営業も兼ねている場合があります。

そのため、参加者に購入してもらいたい物件などがあるという場合には、どうしても煽り気味な話を展開してしまう場合もでてきます。そのような話に惑わされないように、しっかりとチェックしておくことも必要です。

疑問に対してしっかりと回答してくれる

講師の質を見極めたいなら、こちらが疑問に思っていることに対してしっかりと回答をしてくれるかどうかも判断基準です。特に、初めてマンション投資セミナーに参加するという場合には、疑問に思うことはいくつもでてくるでしょう。わからないまま、投資をするというのはリスクが高まります。

できるだけ疑問は解消することが重要です。そのためにも、セミナーに参加した際には、疑問を解消するということも大切なことだといえます。ですが、講師の質が悪いと、しっかりとした回答が得られない、あいまいな回答ではっきりとは答えてくれないなど、こちらの疑問が解消しない、むしろ不安を感じてしまうような対応をされてしまうこともあります。

質という点では、このようにこちら側の疑問に対してしっかりと回答してくれるということ、疑問に対して回答がその場でできなくても、後で返答するなど柔軟な対応をとってくれる場合には信用がおけるといえます。

その他にも注意したいのは、有名な人だから安心と安易に捉えないということです。有名である、名が知れているからといって質がよいとは限りません。セミナーに参加する前に誰が講師なのかチェックする方も多いでしょう。

しかし、どのような実績がある、有名な人であっても必ずしも質がよいとは限らず、セミナーでの話を聞く、疑問に対しての回答などから自分なりに判断してみることが重要です。

 

マンション投資セミナーに参加し、有益な情報、知識を得るために講師の質というのは重要です。自分の目的に合わせてタイプを選ぶこと、リスクなどもきちんと説明してくれること、そしてこちらの疑問に対しての回答の仕方などさまざまな点から判断していくことが大切だといえます。

投資を始める理由などは、人それぞれ違いがありますが、知識を身につけることでリスクなどを軽減することにもつながります。そのためにも、マンション投資セミナーを選ぶ際には、講師の質を重視していくつかのポイントをチェックして自分なりに判断してみることが大切です。