初心者でも始めやすい!不動産(マンション)投資をするならおすすめしたい東京のセミナーを紹介しています。

セミナー後の懇親会には有益情報が多いってホント?

    


マンション投資セミナーの中には、セミナーが終わった後で懇親会が開かれるものがあります。懇親会に顔を出すことなく帰る人もいますが、実は非常にもったいない行為です。懇親会ではその場ならではの有益な情報を聞くチャンスがあるため、可能であれば参加してみることをおすすめします。今回は懇親会に参加によって享受できるメリットを紹介します。

講師と気軽に意見交換ができる

懇親会には講師役を務めた方も参加するため、意見交換をしたいなら絶好の機会です。セミナー中はどうしても堅苦しい雰囲気になってしまいがちですが、懇親会の場を利用すればもっと気軽にコミュニケーションをとることができます。

お酒が入ることもあって、より現場に近い情報を手に入れられることも少なくありません。マンション購入におすすめの地域や各銀行の融資状況など、プラスアルファの情報を求めているなら懇親会に参加する価値は高くなります。

また、セミナーの内容に関する質問も砕けた雰囲気でおこなうことが可能です。頭に浮かんだ疑問点を解消したいけれど肩肘張った雰囲気は苦手という方は、懇親会をうまく利用してみてください。

また懇親会は他の参加者ともコミュニケーションをとれる場でもあります。マンション投資を続けていると、どうしても孤独感を覚えてしまいがちです。マンション投資をおこなっている友人や同僚がいなければ、話題にする機会はなかなか巡ってきません。

その点、セミナー後の懇親会に参加している人は、程度の差はあれマンション投資に関わっている方ばかりです。そのため、懇親会は普段なかなかできない投資についての話を思う存分できるチャンスとなっています。

そして懇親会では参加者同士でマンション投資に関する情報を互いに教えあうことも可能です。同じようにマンション投資をする立場であることから相手をライバルと捉えてしまう方もいますが、1人の投資家が一気に何十もの物件を購入するわけではありません。東京だけでも購入できるマンションは膨大な数に上るので、バッティングする可能性はかなり低いです。

お互いに有益な情報を教えあうことのメリットを考えれば、ライバルになるかもしれない点はまったく気になりません。また、懇親会では自分とまったく異なる職種の人とやりとりをする機会も増えます。独学でマンション投資について勉強していると考え方が堅くなってしまいがちです。投資の成功には柔軟な思考が不可欠ですから、定期的に懇親会で別の視点からの意見を取り入れることには大きな意味があります。

懇親会は仲間作りのチャンス

懇親会は一緒に切磋琢磨していく仲間作りのチャンスでもあります。名刺を交換したり、メールアドレスやLINEなどの連絡先を交換したりと新しい人脈を開拓していくことが可能です。

マンション投資を共におこなう仲間がいれば、セミナーの情報を共有するなど色々な形でメリットを分かち合えるようになります。不動産業者の良し悪しを判断する際にも、仲間の意見はとても役立つ存在です。

何より共通の目的を持つ仲間を見つけることは、マンション投資への意欲をかきたててくれます。投資へのモチベーションがなかなか上がらない人は、懇親会を良いきっかけにしてみてはどうでしょうか。

懇親会に参加する際の注意点

懇親会は有用なイベントではありますが、参加するにあたって注意しておくべき点も存在します。注意点を把握しないままでいると、絶好の機会を無駄にして後悔する事態になりかねません。

たとえば受身の姿勢では懇親会という場を活かすことは難しいです。セミナー参加者なら誰でも会話の輪に入れる反面、ただその場にいるだけでは意味のないイベントでもあります。自分から話しかけていくなど、積極的な姿勢が求められる場です。

知らない人とやりとりすることが苦手という方もいるでしょうが、マンション投資の成功につながると考えれば勇気が湧いてきます。始めは苦手意識のあった人でも経験を重ねることで慣れていくものなので、心配は無用です。

また懇親会ではさまざまな人と会話する機会がありますが、必ずしもすべての参加者に話す価値があるというわけではありません。知識だけが先行して頭でっかちになっている人や本気でマンション投資をする気が感じられない人など、どこかしら問題を抱えた人と遭遇することも考えられます。また、単純に性格が合わないと感じる人に出会う可能性も否定できません。

そんなとき無理に会話を楽しもうとしても、苦痛だけが残る結果になってしまいます。やりとりをする意味あまりないと判断した場合には、会話を打ち切る勇気もときには必要です。