初心者でも始めやすい!不動産(マンション)投資をするならおすすめしたい東京のセミナーを紹介しています。

マンション投資ってどれくらいのコストから始められるの?

    

老後の蓄えはもちろん、暮らしにゆとりを持たせるために、もう一つの収入源として不動産投資を考えてみるのは悪くはないものです。投資が軌道に乗ると不労所得でほぼ自動的に利益が入ってくるのが不動産投資の特徴です。

マンション投資にかかる費用の基礎知識

マンション投資には大きく分けて、物件購入のための費用と運用費の二つのコストがかかってきます。まず物件の購入費ですが、こちらは建物を購入する分は大きな額になるため、しっかりと計算することが必要です。1000万円を超えてくると、その場で一括払いをするのは難しいでしょう。このためにローンを組むことになり、金利を加算する必要があります。

つまり、まずは物件を手に入れるためには本体価格に加え、ローンの金利も計算して返済計画を立てていくことが重要なのです。もしも、この段階で目論見が甘いと、せっかく家賃収入を得ているのにローン返済の方で苦しくなる可能性があります。

現時点の収入・貯金に対して、どの程度の価格の物件を選ぶのがふさわしいかは、マンション投資セミナーで詳しく確認してみると良いでしょう。利回り・返済シミュレーションができる無料ツールもあり、利用してみるのもおすすめです。

加えて注意を要するのが、運用に関する費用となります。こちらは初期にかかるものと、維持・管理に関してのものが必要です。初期にかかる費用は、物件の権利移転や抵当権設定登記のための免許税、不動産取得税の他に修繕積立金など複数があります。入居者を探すための費用や、火災保険なども考えていきましょう。結果的に、物件購入費に対して数%から1割程度のコストが必要になってくるのが一般的です。

また、運用を続けるうちに経費としてかかってくる費用もあります。こちらは大規模修繕など修理に向けた積立金が、賃料の5%から10%程度になるのが一般的です。

他に固定資産税もかかってきますが、こちらの税率は15%から50%になることもあります。なお、管理会社に賃料の取立などを委託しておくと、こちらにも費用が必要です。このようにいろいろな面で費用がかかってきますが、一つ一つきちんと計算していくことで、投資リスクを避けることができます。

不動産だけではなく、FXにしても投資信託にしても、利益を得るには努力が欠かせません。マンション投資は最初の計算の段階で頑張っておけば後々の負担を減らせるので、前向きに努力していきましょう。セミナーやアドバイザーを活用すると、調べる負担は軽減できるはずです。

マンション投資は少額からでも始められる

上記のようにいろいろな名目で費用がかかってくるため、少々リスクが高いと感じる方も少なくはないかもしれません。しかし、現実にサラリーマンが副業でチャレンジし、オーナーになっているケースは珍しくはないのです。

慣れてノウハウが蓄積してくると、片手間で運用できたりもしています。慣れるためにも最初は、安全資金からスタートして、経験を積んでいく方向で考えてみてはいかがでしょうか。現在、マンション投資は低額から始められるようになってきました。例えば300万円程度の安い物件でも、実際に買って収益している方が見当たります。

ミニマリストの登場などもあって、今の日本では狭小物件や古い物件でも気にしない方がありますので、立地や周辺環境などから選んでいけば、格安物件でも利益が出る可能性があるのです。

コストを圧縮する方法をチェック

低額物件を選ばず、2000万円程度の一般的な価格帯を狙う場合も、コストの圧縮方法を駆使するとリスクを低減できます。まず重要なのは頭金の設定で、これによって支払いは大きく違ってくるのです。頭金ゼロのフルローンや、初期費用を含めたオーバーローンなどが登場しており、投資自体は始めやすくなりましたが、これらは金利に難があることが少なくありません。

逆に、頭金をある程度用意することで返済期間を短縮し、金利まで削減できるケースが多いです。まずは情報収集や計画のための期間を設定して、このタイミングで頭金を増やしておくのも良いでしょう。

購入後のランニングコストも、いろいろな削減手段があります。管理会社を選んだり、法定点検の業者も吟味することで、支払いを抑えられるのです。後は税金への対応ですが、こちらも必要な分は払いつつ、経費をしっかりと見極めていきましょう。

 

マンション投資にかかるコストについて見てきました。購入・ローンのための資金の他に、管理費や税金などがかかってきますが、これらをしっかりと把握すれば収益計画の精度が高まり、経営の安定化に役立ちます。不動産投資はリターンが大きく、かつ不労所得を狙えるのが大きな魅力です。

セミナーではいろいろなノウハウや資金についての注意点などを紹介しているので、情報収集のためには定期的に参加してみるのがおすすめです。成功確率を高めるためには、いろいろな情報を積極的に吸収していきましょう。