初心者でも始めやすい!不動産(マンション)投資をするならおすすめしたい東京のセミナーを紹介しています。

最新のローンや融資を知りたいならセミナーに参加しよう!

    


マンション投資をするとき、資金調達の方法として不動産投資ローンや投資用マンションローンを利用することが少なくありません。しかし、マンション投資のためのローンについて詳しくない方も多いはずです。マンション投資でローン・融資を利用する際のポイントと最新情報を得るための方法についてチェックしていきましょう。

ちょっとした金利の差が大きな違いを生む

マンション投資の資金を調達するためにローンを利用する場合、金利の差に注意する必要があります。パーセンテージだけを見るとそれほど差はないように見えても、実際にローンを返済していくと大きな違いが生まれるからです。

たとえば、2,000万円の物件をローンで購入した場合、金利が0.1%上がるだけで支払う利息が年2万円増えてしまいます。元本を返済するに伴って利息は減少するものの、ローンの返済期間が長期にわたることを考えると無視できない差です。金利の数字だけを見るのではなく、実際に返済計画を立ててどれだけの差ができるかを確かめることをおすすめします。

固定金利と変動金利

マンション投資用のローンを選ぶ際は、固定金利と変動金利の違いについても理解しておきましょう。固定金利は契約時の金利が変わらないのに対して、変動金利は状況に応じて金利が変動する場合があります。

固定金利は返済額が変化することがないため、長期の見通しを立てやすいというメリットがあります。一方、変動金利は金利が上がるリスクがある代わりに金利が下がることもありますし、固定金利より金利が低いことが一般的です。どちらにもメリット・デメリットがあるので、借りる金額やそのときの状況に合った方を選ぶことが大切になります。

なお固定金利で契約した場合に繰り上げ返済をしようとすると、違約金がかかるケースが多いので注意してください。

どの銀行から融資を受けるかでマンション投資の結果は変わる

マンション投資のためのローンをどの銀行から借りるかという点は、見逃されがちですが重要なポイントです。金利はもちろん、返済年数や頭金の金額、審査の通りやすさなどチェックすべき項目は多岐にわたります。

購入するマンションを決めた後、ローンを借りる銀行を探すようでは少し遅いわけです。良い条件の物件を買い逃さないために焦って融資を受けると、後々不利な条件を悔いる結果になりかねません。

そのため、マンションを購入するかどうかに関わらず、普段から情報収集をしておくことが大切になります。情報収集を丹念に行っていれば、新たな形式の融資が登場した際も気付きやすくなるでしょう。

長期的なマンション投資を意識する

1つのマンションを購入するだけでマンション投資が終わるわけではありません。収入を増やしていきたいのであれば、複数のマンションへの投資を考えることになるはずです。つまり、融資を受ける際も長期的な視点で考える必要が出てきます。

たとえば、同じような条件で審査が通りやすそうな銀行と通りにくそうな銀行があるなら、ローンを利用する順番が重要です。新築の物件や東京近辺の物件など、評価が高く審査に通りやすそうなマンションを購入する際、後者を利用すれば、前者を別のマンションを購入する際に利用できます。

その場その場の損得を考えるだけでなく、どのようにマンション投資を進めていくかを意識することで利益率を高めることが可能です。

ローンや融資の最新情報を得るにはセミナーがおすすめ

ローンや融資の最新情報を得たいと考えているのであれば、マンション投資セミナーに参加してみることをおすすめします。東京で資金調達をテーマにしたセミナーは数多く開催されているため、参加する機会を見つけることは難しくありません。銀行から融資に焦点を当てたセミナーも数多く存在します。

参加費があまりかからないセミナーも多いですし、無料のセミナーを選ぶこともできます。セミナーごとに取り扱う内容は異なりますが、ローンや融資に関する有益な情報を得られることに変わりはありません。実際にマンション投資をしている人の融資例などを見ることもできます。

セミナーで取り扱うテーマを事前に確認しておけば、今必要としている情報を得ることができるでしょう。たとえば、銀行ごとの事情を解説してくれるマンション投資セミナーなら、ローンを利用する銀行選びの役に立ちます。