初心者でも始めやすい!不動産(マンション)投資をするならおすすめしたい東京のセミナーを紹介しています。

マンション投資って投資初心者にとって難しいの?

    


マンション投資は投資初心者にとって難しいものなのでしょうか。最初に挑戦する投資方法として適切なのか気になっている方もいるかと思います。確かにマンション投資には難しい部分もありますし、ゼロからのスタートだと覚えるべき知識も多いです。しかし、ポイントを抑えれば投資初心者でもマンション投資をすることはできます。

購入するマンションの選び方

投資初心者にとってマンション投資が難しいと感じる理由としては、やはり購入する物件の選び方がわからないという点が挙げられます。東京に絞って考えた場合でも売りに出されているマンションの数は非常に多いので、どれを選べばよいか迷ってしまいがちです。

しかし、適当な理由でマンションを購入すると利益が得られない可能性が高くなります。単に購入できる価格帯だから買う、外観のデザインが気に入ったから買うというような選び方をしてはいけないということです。価格と見込める家賃収入を比較して利回りを計算するなど、慎重に物件をチェックする必要があります。また、マンション投資には空き室による家賃減少というリスクもあるため、人気の高いエリアであるかどうかなどの点も重要です。

マンションの選び方を学ぶ第一歩としては、マンション投資の入門書を読むことが挙げられます。マンション投資で利益を出す仕組みや物件で注目すべき条件を知ることによって、おぼろげにではありますが選ぶ基準が見えてくるはずです。

しかし、マンション投資に関わる状況は常に変化し続けています。入門書の書かれた時期にもよりますが、現在の市場と異なる部分が出てくることは否めません。過去の時点では優れていた投資手法も、状況の変化とともにあまり有効でなくなる可能性があります。そのため、実際にマンション投資をすることを考えるのであれば、最新の情報を得る努力が欠かせません

東京で開催されるさまざまなマンション投資セミナーに参加して、選び方を洗練させていくことが大切です。交流会などの機会を利用して、他の参加者の選び方を参考にするのも良い方法です。

投資用ローンの借り方

ローンを活用する機会が多いことも、初心者がマンション投資を難しいと感じがちな点となっています。初心者向けと言われることの多い個人向け国債や投資信託に投資する場合、手元にあるお金の範囲で取引するだけなので初めて挑戦する場合でもわかりやすいです。しかし、マンション投資では金融機関から不動産投資ローンなどを借りて投資に使える金額を増やすことが多くなります。

自己資金が潤沢に用意できる環境でない限り、物件の選択肢を広げるためにローンを借りることは避けられません。当然のことですが、投資初心者は投資用のローンを借りた経験がないはずです。そのため、どのように融資を受けたらよいのかわからず途方に暮れてしまうケースが見られます。投資用ローンの借り方について知りたい場合も、マンション投資セミナーへの参加が有用です。いかに資金を用意するかを主題にしたセミナーを選べば、一連の流れから借り方のコツまで知ることができます。

購入したマンションの管理

購入したマンションの管理について心配する投資初心者も多いです。マンションに住んでいる人が生活トラブルを起こす可能性を想像して、不安になることは少なくありません。

たとえば、家賃を滞納されたときにどう対処するか、という問題は安定した収入を得るために避けては通れない問題です。大家さんという立場をイメージすると、どうしても難しいものと感じてしまいます。

しかし、マンション投資では不動産管理会社に管理を任せるという方法があります。管理業務を委託するための費用を支払う必要はありますが、家賃の集金や苦情への対応など幅広い業務に手間をかけることなく完了可能です。どの管理会社を選ぶかという問題は出てくるものの、管理会社が主催するセミナーに参加して比較すれば問題ありません。

税金への対策

税金への対策もマンション投資を難しく見せている点です。マンション投資以外の投資方法であっても利益を得た場合には税金を支払うことになります。確定申告が必要となる点は同じです。しかし、物件購入時の不動産取得税をはじめ支払う税金の種類が多いため、どうしても難しいと感じてしまいます。

税金への対策をしたいのであれば、税理士に任せるという方法が一番手軽です。依頼するための費用はかかりますが、確定申告書の作成や節税対策など、税金に関する業務を代わりにしてもらえます。

自分自身で対策をしたいのであれば、税金をテーマとしているマンション投資セミナーに参加すると良いでしょう。単に税金を取り扱うセミナーでも知識は得られますが、マンション投資に絞ったセミナーの方がなにかと便利な場面が多くなります。