初心者でも始めやすい!不動産(マンション)投資をするならおすすめしたい東京のセミナーを紹介しています。

初めてのセミナー!服装やマナーを教えて!

    

マンション投資セミナーへの参加が初めてだと、服装について悩んでしまうものです。場の雰囲気にそぐわない格好を避けるためにも、セミナーでの服装について知っておきましょう。

また、セミナーを受ける際に気を付けるべきマナーについても把握しておくことをおすすめします。事前に知識を得ておけば不安を抑えて参加することができます。

マンション投資セミナーに参加する際の服装

実は服装について厳密な規定のあるマンション投資セミナーは多くありません。服装は自由としているセミナーが大半を占めるので、基本的にはどんな服を着ていっても文句を言われることは少ないです。

清潔感のある服装を心がけていれば、特に問題はありません。ノーネクタイやノージャケットで来場する人も多くいます。

しかし、周囲の参加者から極端にかけ離れた格好はどことなく居心地の悪いものです。快適な気分でマンション投資セミナーを受講したいなら、ある程度服装について考慮しておくことをおすすめします。場違いな服装を避けるには、以下のような点に気を付けておきましょう。

セミナーが開催される日時や場所を参考にする
マンション投資セミナーが開催される日時によって、参加者の服装にはある程度の傾向が出てきます。平日の夜に開催されるセミナーの場合、仕事帰りのサラリーマンの割合が増えるため、服装もスーツ中心になることが多いです。そのため、フォーマルな服装をしていった方が場に溶け込みやすくなります。

一方、平日の昼のセミナーは自営業の人や専業主婦(夫)など、会社員以外の参加者が増えるため、ラフな服装をする人が多くなります。休日は全体的に私服が多い印象がありますが、ビジネスライクな雰囲気のセミナーではスーツばかりになることも珍しくありません。そのため、私服の場合でもできるだけフォーマルな雰囲気のものを選んでおいた方が無難です。

マンション投資セミナーが開催される場所も、服装選びの参考になるポイントとなります。たとえば、東京のオフィス街で開かれるセミナーはスーツで参加する人が多いなど、その場の雰囲気を想定することが大切です。会場となる会議室やセミナールームについての情報があれば、さらに服装を想定しやすくなります。

過去のセミナーの写真を参考にする
過去に何度か開催されたことのあるマンション投資セミナーの場合、実際に受講している様子を撮影した写真が掲載されていることがあります。こういった写真で参加者の外見を確認すれば、場違いの服装をしてしまう可能性を下げることが可能です。

もちろん、セミナー参加者の顔ぶれはそのときどきによって違いますから、同じような服装の割合になるとは限りません。しかし、なんとなく選ぶよりも適切な格好になりやすいことは間違いありません。講師を務める人の服装を見ておくだけでも、雰囲気に合わせやすくなるはずです。

写真がない場合でも、同じ会社が開催しているセミナーや似たテーマを取り扱うセミナーなどの写真があれば参考にできます。

相手に与えたい印象を意識する
マンション投資セミナーの後、懇親会や交流会などで他の参加者と交流する機会があるなら、どんな印象を与えたいかを基準に服装を選ぶことも有用です。信頼できるビジネスマンという側面を強調したいならスーツの方が良いでしょうし、マンション投資について気軽に語れる友人を探すならラフな私服の方が適しています。

ただし、懇親会で注目を集めるに奇抜な格好をすることは厳禁です。目立つメリットよりも、怪しい人だと思われて会話を避けられるデメリットの方が大きくなります。あくまでも自然に感じられる範囲で服装を選ぶことが大切です。

マンション投資セミナーにおけるマナー

マンション投資セミナーに参加する際、気を付けておきたい独自のマナーはないと考えて大丈夫です。他のセミナーと同じく、一般的なビジネスマナーを理解していれば特に問題はありません。

また、単発のセミナーであれば、一期一会の付き合いになることも多いです。不快感を与えるような態度は当然避けるべきですが、多少の間違いをしてもマンション投資に悪影響を与える心配は要りません。むしろマナーを意識するあまり堅くなってしまう方がデメリットは大きいです。

注意しておきたいのは、主催者側のマナーです。講師やスタッフにマナーが悪いと感じる人がいる場合、主催している会社やセミナーの信頼性を疑う必要が出てきます。一部の人だけがマナーが悪いだけかもしれませんが、社員教育が行き届いていないことは見逃せないポイントです。不愉快に感じた点があるのなら、契約などは慎重に検討した方がよいかもしれません。