初心者でも始めやすい!不動産(マンション)投資をするならおすすめしたい東京のセミナーを紹介しています。

資産運用を始めるならマンション投資がいいってホント?

    


世の中にはさまざまな投資のスタイルがありますが、マンション投資をおすすめする人は多いです。しかし、マンション投資についてあまり知らない場合、本当に良い投資方法なのか疑ってしまうかもしれません。そのため、まずは資産運用におけるマンション投資のメリットを把握しましょう。ここでは資産運用にマンション投資がおすすめな理由を紹介します。

長期的に安定した収入を得られる

不動産の価格は株式やFXと比べて変動が緩やかです。あるタイミングで価値が暴落するというケースは少ないため、マンション投資は入居者さえいれば長期的に安定した収入を得られます。大きな利益を一気に得ることはできませんが、リスクを抑えた資産運用ができる点は十分に魅力的です。

売買を頻繁におこなうわけではないので、市場の状況を逐一確認する必要もありません。刻一刻と変化する状況に神経をすり減らさずに済む点は、マンション投資が資産運用の手段として優れているポイントです。また、マンションの管理が大変なのではないかと思う人もいるでしょうが、基本的には管理会社に任せることができるので特に問題ありません。

自己資金が少なくても始められる

マンション投資は不動産の購入にあたって不動産投資用のローンを利用することができます。そのため、自己資金があまりない場合であっても資産運用を始めることが可能です。もちろんローンは毎月返済をしなければなりませんが、家賃収入を充てれば問題ありません。

適切な価格のマンションを購入すれば、仮に空き室がいくつかある状況であっても家計に大きな負担をかける心配をする必要はないでしょう。同じ利益率であれば、投資する金額が多い方が得られる利益の額は大きくなります。そのため、自己資金と比べて大きな金額で資産運用ができる点はマンション投資の大きなメリットです。

FXでもレバレッジをかけて取引することは可能ですが、損失を出した際のリスクが非常に高くなります。FXほどではありませんが株式の信用取引にも高いリスクは付きまといますし、そもそも信用取引をするには1年以上の取引が必要です。レバレッジを効かせつつ、安定した資産運用をしたいのであればマンション投資がおすすめです。

インフレに強い

インフレに強い点もマンション投資が資産運用におすすめの理由の1つです。インフレによって物価が上がると、定期預金などの価値は実質的に減ってしまいます。しかし、マンション投資は実物の資産である不動産を活用する投資方法なので、インフレになった場合には資産の価値が上昇します。

家賃収入についても賃料の増加で対応できるため、インフレに強い投資方法です。現在の日本はインフレの状況でありませんが、将来的にそうなる可能性は十分にありえます。そのため、インフレによる資産運用のリスクを軽減する手段としても有用です。

節税がしやすい

資産運用をする際に気を付けておきたいのが税金の問題です。高い利益率が出せる投資方法であったとしても、支払う税金が高額になると手元にあまりお金が残らない場合もあります。その点、マンション投資は節税がしやすい投資方法です。

マンション投資ではマンションを維持・管理するための費用を経費として計上することができますし、ローンの金利も経費として認められています。また、マンションの購入費用は毎年減価償却費として経費にすることが可能です。

経費にできるコストが多いため、結果的に支払う税金の額を減らせます。会計の知識がない場合、理解しにくい部分もあると思いますが、マンション投資セミナーで勉強すれば問題ありません。東京であれば節税を主なテーマとしたマンション投資セミナーも数多く開催されています。

生命保険の代わりとしても使える

不動産投資ローンの利用に際して団体信用生命保険に加入する場合、マンション投資は生命保険の代わりとしても使えます。団体信用生命保険に加入していれば、死亡した場合にローン返済の義務がなくなるからです。

つまり、マンションという資産をそのまま家族に残すことができます。生命保険のすべてを代用できるというわけではありませんが、プラスアルファの補助と考えれば十分に優秀です。家族のために資産運用をしようと考えているのであれば、大きなメリットとなります。

マンション投資から資産運用を始める際の注意点

ここまでマンション投資のメリットを紹介してきましたが、注意しておくべき点ももちろん存在します。資産運用で重視するポイントによっては、マンション投資が向いていない場合もあるでしょう。メリットだけでなくデメリットも理解したうえで資産運用を始めることがおすすめです。

たとえばマンションは流動性が低い資産なので現金に換えようとした際、なかなか買い手が付かないということは十分に考えられます。値段を下げて売却するという方法はありますが、利益率を損なう原因となるためできれば避けたいところです。そのため、将来的に多額の現金が必要になるタイミングがある場合、資産運用の手段としては向いていないかもしれません。

またマンション投資で利益を上げるためには入居者の存在が不可欠です。長期にわたって空き室がある状態が続いた場合、想定していたような利益率を実現できないこともあります。空き室が多ければ家賃収入よりもマンションの維持コストの方が高くなる場合もあるでしょう。

東京のどの地域の入居率が高いのか情報収集する、マンション投資セミナーで空き室を出さないノウハウを学ぶなどの努力が必要になるということです。