初心者でも始めやすい!不動産(マンション)投資をするならおすすめしたい東京のセミナーを紹介しています。

セミナー当日までにやっておきたい事前準備

    


マンション投資セミナーに申し込んだ後、開催当日までにどんな準備をしておけばよいのか悩んでいないでしょうか。過去にセミナーを受けた経験がないと、何をするべきなのか手探り状態になってしまいます。せっかく参加するのですから可能な限り事前準備を整えておきたいところです。セミナー当日までにやっておきたい事前準備について確認しましょう。

マンション投資の目的を明確にする

なぜマンション投資をしようとしているのか、投資の目的を明確にすることは大切な準備です。老後に向けた資金作りをしたい、本業以外に安定した収入の柱が欲しいなど、マンション投資をする目的は多岐にわたります。

あらかじめどんな目的で投資するのかを自問自答しておくことで、セミナーで注目すべきポイントや質問すべき項目もはっきりしやすいです。セミナー選びの参考にもなるポイントなので、できるだけ早い段階で目的を明確にしておくことをおすすめします。

マンション投資の入門書を読む

マンション投資の入門書を読んでおくこともぜひやっておきたい事前準備です。セミナーで勉強するのだから不必要と考えるかもしれませんが、初心者向けのセミナーに参加する場合であっても入門書を読むことには大きな意味があります。

いきなりマンション投資について学ぶよりも、ある程度の知識に触れておいた方が呑み込みは早くなるからです。つまり、内容を完全に理解できなかったとしても問題ありません。セミナーで学ぶ内容の一部に慣れておくことが大切です。講師に質問をする際も、あらかじめ疑問をリストアップしておいた方が効率的になります。

マンション投資のシミュレーションをしてみる

疑問点をリストアップする場合、マンション投資のシミュレーションをしてみることも有用な事前準備となります。たとえば、東京近辺のエリアを1つ選び、購入する物件を検討してみるという方法です。

入門書を読んだ程度では、ベストな物件を見つけることはできないでしょう。しかし、実際の物件情報を目にすることで疑問に感じる点や知りたいと思う点が出てくるはずです。そういった点をまとめてからセミナーを受講すれば、解説された内容が身に付きやすくなります。

また、マンションを購入するためのローン返済計画を考えてみることもおすすめです。金利の差による影響や購入できる物件の範囲など、色々な点が見えてきます。

資産状況がわかる書類を用意する

マンション投資セミナーでは大人数で受講するほかに、1人ずつ面談ができる機会もあります。面談をすることを想定して、自身の資産状況がわかる書類を用意しておきましょう。

参考になる数字がない状態で相談する場合と比べて、事前準備がある状態だと的確な助言を受けやすくなります。おすすめの物件を提案してもらえることもあるでしょう。

サラリーマンであれば源泉徴収表、自営業であれば確定申告書の控えを準備しておいてください。また、預金残高やすでに所有している財産の一覧など、客観的に資産状況を見ることができる書類も欲しいところです。書類をまとめる際、自分自身の現状を把握できるというメリットもあります。

投資用の名刺を用意する

東京で開催されるマンション投資セミナーの中には、懇親会や交流会などの形で他の参加者と親交を深めることのできるものもあります。そういったセミナーを選ぶのであれば、勤務先の名刺に加えて投資用の名刺を用意しておきましょう。

所属する会社の社員としての立場を伝えるよりも、マンション投資をおこなう1人の人間として接した方が円滑なコミュニケーションをとれる場合が多いからです。マンション投資家としてのネットワークを広げたいのであれば、重要な価値を持つ事前準備です。

強引な勧誘の手口を把握しておく

マンション投資セミナーを開催している会社の中には、強引な勧誘をしてくるところもあります。セミナーの評判を調べておけばある程度避けることは可能ですが、運悪く悪質な会社に遭遇してしまう可能性は否定できません。そのため、勧誘の手口を把握しておくことをおすすめします。

「人気の高い物件だから、急いで買わないと損」と焦りを誘ったり、「安全な投資だから決して赤字にはならない」とリスクの説明をしなかったりとその手口はさまざまです。初心者は知識がないためにそういうものかと思い込んでしまいがちなので、特に注意する必要があります。